プレゼントに最適な妊娠線クリームはこれ!

親しい仲の友人や親戚に妊娠祝いのプレゼントとして、妊娠線クリームはとても喜ばれます。

また、出産祝いでお腹の状態を早く元に戻すことができる妊娠線クリームをプレゼントすることも喜ばれます。

そんな妊娠線クリームをプレゼントするときに注意する点とおすすめの妊娠線クリームの紹介をここではしていきます。

妊娠線クリームをプレゼントするときの注意点

妊娠線クリームをプレゼントするときには次の4点を確認しましょう。

1.つわりがひどくないかの確認

2.クリームを必要といているかの確認

3.値段が高すぎないかの確認

4.妊娠後期でないかの確認

つわりがひどくないか確認


妊娠線クリームは妊婦さんに負担がかからないように、香りや刺激を抑えたものがほとんどです。

ですが、妊娠初期の安定期に入るまではつわりのひどい妊婦さんもいます。つわりのひどい時期には妊娠線クリームの少しの香りでも吐き気を催して体調を崩してしまう場合があります。

よほどのことがない限りつわりのひどい時期に妊娠線クリームを塗る方はいませんが、万が一せっかくもらったからといって気を使わせて体調を崩されてしまってはプレゼントをした意味がありませんよね。

相手が妊娠線クリームを使用できる時期になってからプレゼントをするのが無難でしょう。

クリームを必要としているか確認
初めての妊娠をした方に対して、妊娠線クリームのプレゼントはとても喜ばれます。ですが、2人目・3人目の妊娠となるとそうは行きません。

妊娠線は、出来やすい体質の方と出来にくい体質の方がいます。出来にくい体質の方の場合、妊娠線クリームを使わなくても妊娠線が出来る心配がないのです。

また、2度目3度目の出産となると、自分に合ったクリームやオイルも見つかっているはずなので、下手に違うものをあげてもなんだか気まずい雰囲気になってしまうこともありえます。

相手の状況をしっかりと把握して、妊娠線クリームが必要なのか見極めてからプレゼントをしたほうが良いといえます。

値段が高すぎないか確認
妊娠線クリームの値段はピンきりです。高いものだと1万円近くするものもたくさんあります。

そんな中で予算を3万円と見ているから高くてもいいと思う方もいるかと思います。ですが、形の残らない妊娠線クリームに1万円もかけてプレゼントをされたもらった側の気持ちとしては「申し訳ない」という気持ちが先行してしまいます。

せっかくプレゼントを渡すのですから、気持ちよく使ってもらえるように値段の配慮も欠かさないようにクリームは選びましょう。あまったお金で他のプレゼントを贈ることも出来ますよ。

妊娠後期でないか確認
妊娠後期にはすでに使っている妊娠線クリームがある可能性が高いです。下手に違うブランドをプレゼントしてしまうと、もらった側も困ってしまいます。

使用している妊娠線クリームがあれば、しっかりとリサーチをして普段使い慣れているものをプレゼントした方が良いですね。
(妊娠線クリームは産後の肌のアプローチにもとてもおすすめなので、余ってしまう心配は無用です。万が一妊娠線が出来てしまっても、妊娠線クリームなら妊娠線のアプローチが出来ます。)

妊娠線が出来てしまった妊婦さんには妊娠線を消すのに特化したクリームをプレゼントすると喜ばれます。

出産祝いにも妊娠線クリームが喜ばれる!?

出産祝いのプレゼントを考えるときに、まず最初に思い浮かぶのは赤ちゃんへのプレゼントですよね。赤ちゃんへのプレゼントもいいですが、頑張ったお母さんへのプレゼントも用意するともっと喜ばれるかもしれません。

出産を終えて家族が増えたご家庭では皆さん子どもに付きっ切りで自分のことを後回しにしがちです。

ですが、そんな中でも出産を終えたママさんは自分のお腹がなかなか戻らないことに不安や嫌悪感を抱いていることも少なくはありません。

そんなときにお腹を引き締めるものや、お腹が元に戻るときにできてしまう妊娠線の予防が出来る妊娠線クリームをプレゼントすると喜ばれると思います。

ですので、個人的には出産祝いの方が妊娠線クリームは喜ばれると考えています。

個人的に最もおすすめなのが、AFCのマタニティクリーム。理由は、価格もこなれていて、ギフト配送をしてくれるからです。
このサービスをしてくれるメーカーってないんですよね。

予算高めでも良い方にはNOCORがオイルとクリームのセットで妥協がありません。

ママ&キッズは定番過ぎるし少し気を利かせたいなという方にもぴったりです。

産後は自分のことを後回しにしてしまって、なかなか自分にお金をかけることが難しい状況ですので、しっかりとアプローチのできるクリームをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

気持ちが大事

妊娠線クリームをプレゼントするということは、相手の身体の心配をしているということになります。
プレゼントで妊娠線クリームを選んだ時点で、あなたが相手のことを思いやっているということは伝わります。

相手が妊娠線クリームの必要性を感じていない人だったら邪険にされることもあるかもしれませんが、そんな人は稀です。

大事なのは相手を思いやる気持ちです。あなたのお祝いの気持ちがしっかりと届くといいですね。