妊娠線オイルとクリームはどちらがおすすめ?ランキングで比較しました!

妊娠線の予防をするときって、いろんな商品があってどれを使ったらいいのかわからず困ってしまいますよね。

今までのボディケアをオイルでやってきたからオイルで妊娠線予防をしたい!というあなたに、オイルでの妊娠線ケアについての情報をまとめました。

オイルでの妊娠線ケアはクリームによる妊娠線ケアと決定的に異なる部分があります。

一緒に確認していきましょう。

オイルの基本的な効果は肌の保湿

肌の水分に関わるケアには、「給水」と「保湿」があります。

読んで字の如く「給水は肌に水分を補給すること。」「保湿は肌の水分を保つこと。」という認識でOkです。

オイルでの妊娠線ケアは、基本的に肌の水分を保つ為の保湿しか担わないのです。

オイルだけでは肌に潤いを与えることができません


妊娠線予防をするとき、「保湿ケアが大切です。」という話しをよく聞くと思います。

しかし、実際には、「肌に潤いを与えて保湿することが大切です。」というのが本当の正解。

だってそうですよね。肌に水分がない状態で保湿のみをしても、肌の潤いを助けることはできません。

肌に潤いを与えて、その潤いを逃がさないようにすることが妊娠線を予防するのに欠かせないのです。

そうなると、オイルでの妊娠線ケアでは保湿しかできないということになるので、「給水」という部分では他のアイテムに劣ってしまうということになってしまいます。

オイルとクリームの違いは保水できるかどうか!


妊娠線予防にとって最も重要なことは肌に水分を与えて保湿すること

保湿のほかにも肌を育てていかなければならないので必要な成分はたくさんあります。

ですがここでは妊娠線予防で最も大切な水分補給と保湿の点を中心にお話をさせてもらいます。

オイルとクリームの違いは「保湿力の差」と「給水できるかどうかの差」です。

オイルは油なので、肌に水分を補給させることはできません。しかし、クリームには水分と油が含まれているので、肌の水分補給ができるというメリットがあります。

どちらも保湿力があるのですが、水分を含んでいる分だけオイルの方が保湿力には分があります。

オイルとローションの違い

オイルとローションの違いは、クリームのときと同じで「保湿力の差」と「給水できるかどうかの差」です。

オイルは保湿しか担わないことはもうお分かりですよね。
では、ローションはどうなのかというと、ローションは給水しか行うことができません。

保湿ができないのは妊娠線予防として致命的です。

なぜなら、せっかくしみこませた水分に蓋ができないことで、補給した水分をすぐに肌の外に出してしまうことになるから。
※オイルの効果は先に説明したので割愛します

オイルとローションだけでは予防の方法としては極端すぎるデメリットがあります。

そこのところをしっかりと覚えて置いてくださいね。

オイルとクリームの併用が妊娠線予防の理想

オイルは保湿力で言うと妊娠線ケアアイテムの中で最も保湿力のあるアイテムだといえます。

ですが、給水性がまったくといって良いほどないので、オイルでのケアは、肌に水分を与えるケアと併用して行わなければいけません。

オイルの種類によっては肌の再生を促してくれたり、肌の調子を整える効果が期待できるものもありますが、基本的に肌の水分補給はできません。

お風呂上がりの保湿には最強のアイテムだといえますが、日中のケアが面倒なところはちょっとネックなところですね。

ですので、オイル単体の使用よりクリームを併用してやることで水分をたっぷり補給してあげるのが理想的です。

いまおすすめの妊娠線オイル一覧

ノコア

ノコアは、数ある妊娠線ケアアイテムの中でも唯一オイルとクリームがセットになった商品です。ノコアファーストケアセットは、これから妊娠線を予防したい人向け、ノコア浸透ケアセットは既に肉割れや妊娠線が出来てしまった方向けのケアアイテムです。


AMOMA(アモーマ)マタニティオイル

AMOMAの妊娠線オイルは日本人の肌に合う米ぬかを原料としたコメヌカ油と保湿性に優れるマカダミアナッツ油がベースとされるオイルです。独自のマタニティセラピストが妊娠線マッサージで使っている3種類の精油を独自の割合で配合したオイルが妊娠中のお肌に潤いを与え乾燥を防ぎます。

WELEDA(ヴェレダ)マザーズボディオイル

妊娠線オイルとクリームはどちらがおすすめ?ランキングで比較しました!

妊娠中のみならず産後のボディケアにも使用できるオイルです。妊娠中に大きくなり乾燥しがちなお腹を高品質なアーモンドオイルで潤しハリを与えます。産後のお腹周りや太ももなどにもマッサージでケアできます。

エルバオーガニックス ストレチイマークオイル

妊娠線オイルとクリームはどちらがおすすめ?ランキングで比較しました!

妊娠中の乾燥しがちなお肌にもスッと伸び、オイルなのにサラサラしていて乾燥しがちなお肌をしっかり保湿をしてくれます。100%植物由来の天然オイルで食品基準のオーガニック認証を取得しているので赤ちゃんが生まれた後の新生児のマッサージオイルとしても安心してお使いでします。

エルバビーバ STMオイル

妊娠線オイルとクリームはどちらがおすすめ?ランキングで比較しました!

オーガニック認証成分を使用し妊娠線のケアや新生児のマッサージにも使えるオイルです。オイルでもベタつきがなくサラッとしているのも特徴です。ローズヒップ油やラベンダー油、オレンジ油などの優しい香りが癒しを与えてくれます。

シファドバイ ストレッチマーク ボディオイル

妊娠線オイルとクリームはどちらがおすすめ?ランキングで比較しました!

うるおい成分のアボカド油やホホバオイルなど10種類以上配合した黄金色のボディオイルです。妊娠中の妊娠線ケアはもちろん、産後のボディマッサージや成長期のお子さんのボディケア、バスオイルとしてもお使いできます。カモミールやジャスミンの優しい香りが広がります。

Bio-Oil(バイオイル) スペシャリストスキンケアオイル

妊娠線オイルとクリームはどちらがおすすめ?ランキングで比較しました!

バイオイルは12年の研究開発により生まれたピュアセリンオイルを配合し、肌の角質層まで浸透することで妊娠中の乾燥しがちな肌を保湿します。キズやニキビの後の保湿にも使え高い保湿力でお肌を守ります。

Madonna(マドンナ) マタニティスキンケアセラムオイル

妊娠線オイルとクリームはどちらがおすすめ?ランキングで比較しました!

99%オーガニック成分を配合し日本人のお肌になじむように作られた国産のマタニティスキンケアオイルです。妊娠線ケア以外にも顔や太ももなどのボディケアや新生児のマッサージオイルとしても使えます。天然グレープフルーツの香りが優しくほのかに香ります。

ララリパブリック マルチボディオイル

妊娠線オイルとクリームはどちらがおすすめ?ランキングで比較しました!

オール植物由来のマルチボディオイルで妊娠中や産後の敏感な肌や赤ちゃんの繊細な肌にも使えます。貴重なメドウフォームエストリドをたっぷり配合しているので高保湿で角質層までうるおいを届けます。

キャリネス ボディオイル

妊娠線オイルとクリームはどちらがおすすめ?ランキングで比較しました!


厳選された3種類の植物性オイルと10種類のオーガニック精油を配合した美容皮膚科医監修のオイルです。保湿だけでなく滑りの良さから妊娠時にありがちに体のむくみケアのマッサージにも最適のオイルです。

ロクシタン リラクシング マッサージオイル

妊娠線オイルとクリームはどちらがおすすめ?ランキングで比較しました!

アーモンドを主成分としたオイルで体のむくみや疲れている部分をマッサージするとほぐれていくのが実感できるロクシタン リラクシング マッサージオイル。摘みたてのハーブから抽出したブレンドされたプロヴァンスアロマの香りで
マッサージしている時間はやすらぎの時間になること間違いなしのオイルです。

クラランス ボディオイル トニック

妊娠線オイルとクリームはどちらがおすすめ?ランキングで比較しました!

ハッカやローズマリーなどの濃厚な香りがするエッセンシャルオイルでマッサージすると、肌のハリときめ細やかさを生んでくれます。妊娠中や産後の肌ケアだけでなく、ダイエット時にできてしまった肌のたるみケアにもおすすめです。