乳首の黒ずみに使いたい美白クリーム4選

妊娠時にできてしまった妊娠線黒ずみ

でも同じくらい悩むのが乳首の黒ずみ。このページでは黒ずんでしまった乳首をピンク色に近づける為の美白クリームを紹介します。

乳首が黒ずんでしまう原因はなに?

妊娠時に乳首の黒ずみができるのは、ホルモンバランスの変化で乳首にメラニン色素が沈着しやすくなることが原因です。

妊娠中はプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが通常では考えられないくらい増えます。

プロゲステロンはメラニン色素を作り出す働きがあるので、もともとメラニン色素を持っている乳首にメラニン色素が溜まり過ぎてしまいます。

その結果、乳首の黒ずみが発生してしまうというわけなんですね。


また、妊娠中はお肌のターンオーバー(肌再生周期)機能が衰え、メラニン色素が排出されにくくなります。

ホルモンバランスの影響で乳首に黒ずみが発生しやすい状態が作られる為に、妊娠中は乳首に黒ずみができてしまうのです。

さらにはバストトップの摩擦・紫外線などの刺激から乳首を守る為にメラニン色素を過剰に発生させることもあります。
妊娠中は乳首に黒ずみができないほうがおかしいくらいなんですよ。

※妊娠時にはバストのサイズが2カップ以上大きくなることもあります。
※普段つけているブラジャーをそのまま使用することで乳首が押さえつけられ刺激となってメラニン色素を生成してしまうこともあるので、黒ずみを酷くしないようマタニティ用の下着をつけるようにしましょう。

乳首をピンク色にするには美白クリームがおすすめ

黒ずみはお肌から色素沈着した細胞を排出することで消すことができます。

しかし、乳首はもともとメラニン色素が溜まりやすいこともあり、妊娠中に色素が溜まりすぎて黒ずみが発生します。


乳首の黒ずみを消すにはお肌のターンオーバーを活発にして溜まっている色素排出する必要があります。

バストトップのメラニン色素を排出するには刺激を減らし、メラニン色素の生成を減少させることが大切です。

約28日周期(20代女性の場合)といわれるターンオーバーの周期は、妊娠時にはもっと遅い周期となっています。

加齢と共にターンオーバーの周期は遅くなっていくので、年齢を重ねるほど乳首の黒ずみは消しにくくなるのです。

乳首の黒ずみを消すには、美白クリームを使用したりターンオーバー機能を高めることが大切です。

だからといって刺激の強いクリームの使用はあまりおすすめできません。

黒ずみはあれど、乳首は繊細な部位。

そんな大事なところに刺激の強いクリームを使用すると乳首の黒ずみを悪化させる恐れがあります。

乳首に使用する美白クリームは、乳首の黒ずみ専用商品を使用するようにしてください。

そんな妊娠中の乳首の黒ずみアプローチにおすすめなのがこちらのクリーム。

ホワイトラグジュアリープレミアム

 

  • 価格:5980円(税込)
    ※定期価格
  • 送料:無料
  • 添加物:無し
  • 刺激成分:不使用
  • 返金保証:90日
  • 定期継続割引アリ!




妊娠中に使用したい乳首の黒ずみクリームの決定版、ホワイトラグジュアリー。

お肌のターンオーバーに着目した美白クリームは、お肌に無駄な刺激を一切与えずにバストトップの黒ずみのアプローチができます。

出産を終えて授乳期に入ったら使用はできませんが、妊娠中からアプローチをすることによって乳首の黒ずみの軽減の期待大。

乳首の黒ずみに悩んでいるなら、まずはホワイトラグジュアリーをチェックです!

乳首の黒ずみはターンオーバー機能を高めて消す

黒ずみを消す=メラニンをクリームで消滅させる

と思っている方も多いのではないでしょうか?

たしかに間違いではありませんが、黒ずみを消す方法には「新しく黒ずみを作らないこと」「色素の排出」が鍵となります。そのために行うべきアプローチはお肌の新陳代謝を高めることです。

美白クリームでの黒ずみアプローチは「メラニン色素生成を抑制するもの」と黒ずみの原因である「メラニン色素をその場でなくしてしまうもの」の2種類のアプローチ方法があります。

乳首の黒ずみをなくす場合には、メラニン色素の生成を抑制しつつ、ターンオーバーを意識した美白をしてあげることが大切です。

紫外線の当たらない乳首の黒ずみは摩擦を抑えるだけでも十分なアプローチになったりもします。


乳首の黒ずみのように隠れている箇所の黒ずみはメラニン抑制よりも「メラニン排出」をメインに行うことで早期解決が見込めます。

メラニン排出にメリットがあるのはお肌の機能にアプローチするクリームです。

弱ったお肌の代謝を高めて乳首の黒ずみをなくしていきましょう。


ここで1つ注意してほしいのは、集散してからの授乳期間使用を行わないこと。

赤ちゃんの口が直接触れる部分なので、授乳中は控えましょう。


乳首が黒ずんでいるのは授乳中に赤ちゃんがお乳を吸うのに肌が耐えれるようにしているためとも言われています。

赤ちゃんの授乳期を終えてからでも遅くはないかもしれません。
※乳首以外にできた黒ずみは授乳中に行っても大丈夫です。